COPYRIGHT(C)E'z CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

イーズグループからの合格大学

(過去3年・一部抜粋)

◯2016(16.03.15判明分)

【国公立大】

千葉大学(薬・看護)名古屋大学(工)筑波大学(医・社工・数学・情報・地球)東北大学(医・薬・農)お茶の水女子大(生科・数)県立医療大(放射・看護)
茨城大(理・農)宮崎大(工)山梨大(工)山形大(工)横浜市立大(国際総合)新潟大(医)大阪大学(法)横浜国立大(理工)広島大学(教育)

【私立大】

杏林大(医)昭和大(医)東北医科大(医)東京医科大(医)岩手医科大(医)大阪医科大(医)東邦大学(薬)帝京大学(薬)星薬科大学(薬)東京薬科大学(薬)
早稲田大学(文化構想・商)東京理科大(薬)法政大学(文)中央大学(法)上智大学(法)芝浦工大(理工)

 

○2015

【国公立大】

  東京大(理Ⅰ・文Ⅱ)弘前大(医)筑波大(医・応理・生資・障害・医療・体・人文)東北大(工)岐阜大(獣医)千葉大(工)首都大(シスデザ)信州大(工)大阪府大(工)

【私立大】

  昭和大(医・歯)北里大(医・獣医)獨協医大(医)早稲田大(先進)上智大(外)ICU(教養)日大(医・薬・理工)東京理科大(薬・理工・基工)

○2014

東京医科歯科大(医)大阪市立大(医)宮崎大(医)東工大(6類)北海道大(農)筑波大(医・看・応理・体・生資・心理)東北大(理・工)お茶女大(数)神戸大(経営)千葉大(工)

○2013

東工大(4類・6類)帯広畜産大(獣医)東北大(歯)名古屋大(理)筑波大(医・化・生資・社工・比文・心理・体)東京学芸(初等)

「考える授業」で覚える量が減った

大阪市立大学医学部 郎佳慶(土浦一高卒)

受講教科:数・英・物・化・国・地

性格&タイプ:文系苦手・納得しないと気がすまない・集中力高

チューター(個人指導員)から一言

文系教科の苦手意識からか、自習でも文系教科を後回しにすることがあったので、学習量のペース配分には気を使いました。負けん気が強く、例えば数学ではどんなに計算が煩雑でもやりとげる力があり、先生から高く評価されていました。その「絶対に解いてやる・理解してやる」という気持ちがあるからでしょう、どの教科においても、授業中だろうが授業後だろうが納得のいかないところは自分が理解できるまで質問し続けたのが成績アップの大きな要因だったように思います。

自分が納得するまでトコトン聞ける

受講教科:数・英・化・物・国・地

性格&タイプ:素直・誠実・少し臆病・いじられキャラ

東京工業大学6類 小沼賢太(土浦一高卒)
 

チューター(個人指導員)から一言

初期は数学でのケアレスミスがなくならず苦労しました。チュートリアルでは演習の結果をもとにそのミスの原因を一緒になって考えました。後半にさしかかったころにはミスも減り、難しめの問題であっても最後まで解けきれることが多くなり、それが本人にとって大きな自信につながったようです。厳しく言い過ぎると凹んでしまう心優しい少し弱気な一面もありましたが、本番で力を発揮できたのは、ひとえに彼の継続力に他ならないと思います。

勉強法も考え方も劇的に変わった

筑波大学障害科学類 岩井桃子(栃木女子高卒)

受講教科:数・英・化・生・国

性格&タイプ:勉強法に課題・素直・集中力高・メンタルに不安

チューター(個人指導員)から一言

言われた通りに勉強できる素直な彼女ですが、素直さのあまり先生から言われたことをそれが自分に向いているかを考えることなしに忠実に実行したせいで混乱をきたしていました。そこで最初に予復習の仕方からペース配分まで、勉強法を本人と相談しながら決定し、その方法だけに専念してもらうと、結果はすぐに現れました。ときには落ち込むこともありましたが、精神的なアドバイスもしっかりと耳を傾けてくれたおかげで、受験直前にはメンタルも自分でコントロールできるまでに成長していました。

先生の話が人生を変えた

千葉大学工学部 小林祐太(土浦一高卒)

受講教科:数・英・化・物・国

性格&タイプ:納得しないと気がすまない・集中力高・メンタルにやや不安

チューター(個人指導員)から一言

周りからの人望が厚く、みんなをまとめ上げる役割を担ってくれていました。授業でも納得いかないことがあればどこまでも質問をぶつけていたようです。もちろんそれはチュートリアルのときも例外ではなく、少しでも腑に落ちないことがあれば「なぜそれを今のタイミングでやるのか」と思いをまっすぐにぶつけてくれたのが印象的でした。本番になるとどうも力が落ちてしまうなどメンタルに不安があったものの、この受験勉強を経て生まれ変わることができました。

授業がおもしろくて、1回で覚えられた

受講教科:数・英・化・生・国
性格&タイプ:サボり屋・自己管理ベタ・やるときはやる・集中力高

弘前大学医学部 内田絢子(早稲田大学卒業後再受験)
 

チューター(個人指導員)から一言

イーズ予備校が休みになると途端にサボってしまいペースを崩してしまうのが一番のネックでした。そこで無理やり日曜日にチュートリアルを設定し、自習してから帰る流れを強制、勉強時間をなんとか確保しました。朝に弱く、遅刻を繰り返してこちらが何度も電話することも今では良い思い出です。(笑)医学部の面接対策では、大学の方向性に合わせて面接内容を一緒に作りました。もともと文章力はあったので、こちらが適切な指示を出せばそれをしっかり形にしてくれたのは大きかったです。

大手に通っていた頃よりも効率的になった

受講教科:数・英・化・生・国・地

性格&タイプ:素直・少し臆病・自信が持てない

杏林大学医学部 佐藤朝日(江戸取卒)
 

チューター(個人指導員)から一言

成績が少しでも下がったり、分からないことが複数個あらわれると必要以上に不安になってしまうことがありました。それがモチベーションの低下を引き起こしていたので、じっくり時間をかけて精神的なアドバイスをたくさん提案することからはじめ、時間の使い方や見直しの仕方、勉強法など少しでも自信をもって取り組むことができるよう配慮しました。ときにはチュートリアルのなかでセンター数学を1対1で解きながら、頭の働かせ方など指導しました。

強制型でなく提案型だったのがよかった

受講教科:数・英・化・生・国・地

性格&タイプ:自分で決めたい・計画遂行力高・ややムラッ気・内気

日本女子大学理学部 野口真由美(牛久栄進高卒)
 

チューター(個人指導員)から一言

あまり感情を表には出さず、溜め込んでしまうクセがあったので、チュートリアルでは彼女の気持ちに耳を傾けることに専念し、とにかくたくさん話をしてもらいました。そのなかで高いモチベーションを維持できるような方法を考えそれを提案し、本人に最終的な判断をしてもらえるよう配慮しました。自分で決めたことは確実に実行する力があったので、それが成績にも表れたのだと思います。1年を通して、学力面だけでなく精神的にも一回りも二回りも大きくなった気がしました。

楽しい浪人生活

受講教科:数・英・化・物・国・地

性格&タイプ:自己管理能力高・集中力高・メンタルにやや不安

筑波大学医学部 濱田憲一(土浦一高卒)
 

チューター(個人指導員)から一言

よく自分を心得ていて、自分にとって何が必要でどうすべきかを自分自身で決めて実行できるほど、自己管理能力は高かったです。少ない懸念事項としては、特に理系教科で効率の悪い解法、いわゆる「悪手」を選択してしまうことがあったこと、本番になると過剰に緊張してパフォーマンスが落ちてしまうことが挙げられました。解法については授業担当の先生とマンツーマンで、精神面では私との対話を通して日増しに改善していきました。

適度な『ゆるさ』がいい

受講教科:数・英・化・生・国・地

性格&タイプ:マイペース・堅実・内気

筑波大学医療科学類 木下紗貴(江戸取卒)
 

チューター(個人指導員)から一言

最初のころは質問しまくれる環境にどうも不慣れなようで、ちょっとビビってうまく質問できないようでしたが、慣れていくうちにそれもなくなり、仲間と楽しく勉強していました。彼女がすごいのは、授業の小テストでいつもほぼ満点をとっていたこと。授業の復習を確実にしてくれていました。やればできるのに、過度に自信をなくすこともありましたが、ほとんどがただ忘れているだけだったので、「後期で演習を積めばグッと成績が上がるよ」というアドバイスを信じて努力を続けてくれました。

授業がとにかく楽しい

受講教科:数・英・化・生・国・地

性格&タイプ:堅実・じっくりコツコツ・マイペース

筑波大学生物資源学類 桑原沙貴(竹園高校卒)
 

チューター(個人指導員)から一言

当初は理系教科の二次力に不安がありました。そこで、余計なことはせず授業での予復習にとにかく専念して取り組むことにしました。計画通りに実行できる堅実さがあったので、小テストでは常に高得点。その結果、10月ころに、ニ次レベルの問題が急激に解けるようになり、一緒になって喜んだのを覚えています。不安が先走ったときだけは、勉強に手がつけられなくなったり、予定と違うことをやってしまうこともありましたが、チュートリアルでの対話を通して気持ちをうまく維持できたように思います。

しっかり私を見てくれた

首都大学東京システムデザイン学部 太田聡海(茗溪学園卒)

受講教科:数・英・化・生・国・地

性格&タイプ:じっくりコツコツ・マイペース・自信が持てない

チューター(個人指導員)から一言

勉強に限らず、普段の行動もマイペースで、おっとりしていてこちらが癒やされたくらいです。ただ、受験はどうしても時間との勝負になってくるので、普段からなるべくスピーディな行動を心がけてもらい、普段から思考速度を上げる訓練をしました。また、自分を常にダメだと思う悪い癖もあったので「あなたほど努力をしっかりできる子が伸びないわけがない」と言い続けました。苦しみながらも最後まで諦めずしっかり結果で示してくれました。

無駄なく楽しい日々だった

受講教科:数・英・化・物・国・地

性格&タイプ:じっくり熟考・正確・やや自分に甘い・ややサボり気味

宮崎大学医学部 望月直哉(江戸取卒)
 

チューター(個人指導員)から一言

素直で堅実、言われたことはキチンとこなす優しいナイスガイ。ただ、自分自身にも少しばかり甘いところがあり、学習計画を綿密に打ち合わせしておかないとサボってしまうところがありました。チュートリアルでは、自習内容・時間まで事細かに相談しながら決め、週2、3回学習状況をチェックすることも。モチベーションが常に安定していたことが彼の強みで、最後の最後まで継続してノルマをこなしきれたのが医学部合格につながりました。