COPYRIGHT(C)E'z CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

琉球大学医学部 数学2017前期 

出題数

 

4題出題。

教育学部、理学部、工学部と共通問題。

第1問

単元:数Ⅲ微分積分

小問:2つ(小問は独立)

第2問

単元:三角関数、数Ⅲ積分

小問:2つ

 

第3問

単元:複素数平面

小問:なし

 

第4問

単元:確率

小問:3つ

​全体の難易度

 

他学部と共通であるためか、問題の難易度はかなり易しいと言えます。

基本をしっかり勉強していれば、十分に完答できる問題ばかりです。

​目標得点率

センター試験配点900点

2次試験配点800点

2017年度合格最低点が 1367.4/1700

ボーダー85%なのでセンターで765点をとっていると仮定します。

2次での必要点数が

1364.5-765=599.5

ですから

599.5/800=0.749・・・

2次試験で75%以上必要です。

試験時間は120分に対して、分量は少なめです。

十分に狙える得点率です。

​答え
​方針

 

第1問

(1)ただの計算問題です。

(2)点と直線の距離の公式でtの関数をつくり、微分です。

<まとめ>

数Ⅲ範囲ですので入試基本としましたが、センター試験のレベルといって良いでしょう。

 

題2問

(1)3倍角の公式覚えましょう。3歳ひいて4歳参上。

(2)(1)のおかげで符号の判断がつきますので、2つに分けます。

三角関数の積分ですが、式変形は必要なくそのまま積分できます。丁寧に計算しましょう。

<まとめ>

数Ⅲ範囲ですので入試基本としましたが、センター試験のレベルといって良いでしょう。

題3問

複素数における実数条件を式にする方法は「共役な複素数が元の複素数と等しい」です。

zが実数のときと、|z|=3のときの2つが出ます。さらに実数のとりうる範囲も決まっていますので、

円の一部とx軸の一部が答えになります。円のときは極形式を使いましょう。

<まとめ>

入試問題で何度か出題されたことのある設定です。

数Ⅲ範囲ですので入試基本としましたが、センター試験のレベルといって良いでしょう。

題4問

(1)袋と玉の様子を図示して、勘違いの無いようにしましょう。

(2)Aが取り出す色の組み合わせは3通りしかありません。すべて図示してもよいでしょう。その方が確実です。

(3)条件付き確率。すでに(1)(2)で出した値を使うだけなので、すぐに終わります。

<まとめ>

センター試験でありそうな問題ですね。