数学|過去問を解くタイミングでよくわからない人へ

※この記事は、医学部受験にスポットを当てて書いていますが、 他学部を受験する人にも共通した内容が多いので、ぜひお読み下さい※ <過去問はいつ解くのがベストなんだろう?> いざ、自分の受験する大学が決まったら過去問演習ですね! そして過去問演習を始めると、もしくは始めようとすると、 あることで悩みます。 「いつ解くか」 ですね。受験校の過去問が無限に存在しているのならば、あまり気にしないかも知れませんが、 現課程の過去問は、2015年、2016年、2017年の3年分しかありません。 3年分解き終えてしまった後にどうしようか。 もう少しさかのぼって、旧課程の過去問演習をするにしても、 ・現課程では習わない行列 ・ほとんどの人が勉強しない確率分布の期待値(旧課程では数Aの確率に含まれていた) が出題されていることもありますから、少々不便ですね。 そういった背景から、 3年間の過去問を大事に大事にとっておこう という謎の希少価値が生まれます。 「実力不十分なまま解いても意味がないし、もう少し力がついてから解こう。」 「直前で模試感覚で解けるように、まだ残しておこう。」 そんなこんなの理由で過去問をなかなか解かない、 「過去問はラスボスである」 という現象がおこります。 では、過去問を解くタイミングは、一体いつがいいのか?を説明していきます。 <大学によって対策方法が全然ちがう!> しかし、受験という勝負に勝つためには、 なるべく早い段階で情報を仕入れるべきでしょう。 医学部を受験するといっても、 大学によってその問題の傾向はまったく異なりますので、 どこの大学を受験するかで対策の仕方は

アーカイブ
カテゴリ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square